玄米食で健康に便秘解消

便秘解消の強い味方?玄米について

玄米は、水を入れたお皿に入れておくと発芽します。
栄養バランスの整った玄米は、生命力の宿っている胚芽にタンパク質・脂質・ビタミンA・B1・B2・B6・B12・E・ナイアシン・葉酸・ミネラルを含んだ栄養素の塊です。

ビタミンB1が不足するとかっけ(手足の先がしびれる、居眠りをする、気力がなくなって体がだるくなるなど)の症状が起きます。
ビタミンB2は、成長促進するので、人の発育に欠かせないものです。ビタミンB6は皮膚を若々しく保ちます。ビタミンEは老化防止の作用があり、男女両方の生殖機能を維持します。

便秘解消以外にもこんな効果が

玄米を常食にすると、体の働きは確実に向上します。胚芽にあるタンパク質・外皮の食物繊維は、腸内の微生物を繁殖させて、胃腸を丈夫にします。
血液がきれいになるので、基礎体力が上がります。玄米食は血糖値の安定を保つので、血管の弾力性を元に戻して、高血圧や動脈硬化を防ぎます。ビタミン・ミネラルを多く含むので貧血や不妊症を改善します。
胚芽には、抗がん物質のフィチン酸が含まれている上に、血液をきれいにする作用により毒素が解毒されてがん予防に有効です。

玄米には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は便を軟らかくし、ぜん動運動を促してくれるので、便秘解消に効果的です。
また、玄米は少し硬いので、ゆっくりよく噛むことが増えます。そうすると、消化がよくなって、胃腸の働きも活発になり、便秘解消につながります。

玄米は精製される前のお米なので、ぬかの部分に農薬が残る可能性があります。自然栽培・有機栽培されたものを選んでください。
最初は、白米2:玄米1の割合で電気炊飯器でご飯を炊いてください。好みで玄米の量を調節してください。