日常生活に取り入れやすい便秘解消法

様々な原因で起こる便秘ですが、その解消方法も様々なものがあります。
大切なことは、便秘の原因を見つけ出し、それに合った解消方法を見つけることです。

様々な要因によって引き起こされる便秘

便秘のタイプとしては、運動不足や水分不足、食物繊維不足、腹筋が弱いなどが原因となるもの、ストレスなどによるもの、加齢によるものなどがあります。
小さな硬い便が少ししか出ない、便が残っている感じがする、おならが臭いなど、腸の中に長く便が残っているため、必要以上に水分を奪われてしまうのです。
また、うさぎのフンのような便、便秘と下痢を繰り返す、食後に腸が動き出すと下腹部に痛みが出るのは、精神的なストレスや過敏性腸症候群などが考えられます。
さらに高齢や寝たきりなどによって、食べ物が腸に入ってもぜん動運動が起きないため大腸に便がたまり排便できなくなります。
このような便秘解消の方法としては、適度な運動、食物繊維の多い食生活、マッサージ、便秘薬、漢方など様々なものがあります。

毎日の生活の中で無理なく続けられる事が大切です。食事療法としては、食物繊維を多く含む食材を食べることです。
玄米、芋類、みかんやりんごなどの果物、ほうれん草などの青菜類、ごぼうなどの根菜類、豆類や海藻類などに多く含まれています。
ただ食物繊維ばかりを摂るのではなく、バランスのとれた食事の中にこれらの食材を多めに取り入れることが大切です。

過敏性腸症候群の方は要注意

また、過敏性腸症候群の人は逆効果になる事もあるので、食物繊維の摂り過ぎには注意が必要です。
日常生活の中でも、買い物や通勤の時には早足にする、エレベーターは使わないなど、ちょっとした運動を継続することで効果が期待できます。
また、朝起きたとき、就寝前に横になった状態で、時計回りにお腹をマッサージすると、腸に刺激を与え排便を促す効果が期待できます。